公式ブログ

  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

  • カテゴリー

  • ブログTOPへ



    オヤジの花紹介シリーズ | ヴィアイン秋葉原公式ブログ

    オヤジの花紹介シリーズ 第四弾 「ヤブラン」

     

    今回は、こんな花のお話です。

     

    ユリ科、多年草、東アジア原産

    花言葉は、「忍耐」、「隠された心」

     

    一生、日陰暮らしでも大丈夫。でも本当は光を浴びるのが大好き。

    大雨の中にほっぽり出されても、カンカン照りの中にほっぽり出されても、台風に吹き飛ばされても、

    蹴飛ばされても、踏み潰されても、ゴミを投げられても、なんのその。

    へこたれるどころか、春先なら根元からばっさり切られて根っこだけにされた方が、夏にはかえって元気に育ちます。

    悪い虫など寄ってきません。病気もしません。

    何処でも気丈に生えてます。土なら何でも良いんです。

    水? 勿論、要りません。 雨で十分。枯れる心配は無用です。

    俗に言う「手間要らず」って、そんな花です。

     

    この「ヤブラン」、ヴィアイン秋葉原の植え込みに最初から生えてました、雑草や捨てられたゴミ

    一緒に、、、。

    不要と思い今年の春に完全に刈り込んでしまい、もう生えてこないだろうと高をくくっていたら、

    土の中から新しい葉っぱが。花言葉は「忍耐」ですか。

    その後も他の花の世話に忙しくて全く気にしてなかったのをよそに、どんどん成長し、横に植えられていたバーベナが枯れ始めてしまってもまだ尚、成長を続けたのでありました。

    そして、先日の台風で他の多くの花が致命的なダメージを被ってしまいましたが、この植物に至ってはダメージどころか、なな、何と、花を咲かせているではありませんか。

     

    横のバーベナはひん死の状態だというのに、ヤブラン、お前という奴は、、、、

     

     

    DSC_0056

    隠された心を持つ花「ヤブラン」

     

    DSC_0061

    蜂でしょうか? 虫が飛んで来ました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2016年09月03日

    オヤジの花紹介シリーズ 第三弾 「あさがお」

    197X年、オヤジは、この花に出会った。

    DSC_0036

    時代を飛び越え21世紀、平成の世もすでに4半世紀が過ぎた現代で、ヴィアイン秋葉原のオヤジが再びこの花をヴィアイン秋葉原の土地で育てる事となりました。

     

    「あさがお」
    小学校いちねんせいの時に、植木鉢、肥料、土、そして種をもらって育てました。チョー可愛かったピカピカの一年生のオヤジは、鼻を垂らしながら一生懸命育てました。あれから〇十年、純粋だった心も体も汚れちまった今、しかし花を愛する情熱だけは失われていませんでした。

     

    後ろに見えるのは、ヴィアイン秋葉原の玄関

    後ろに見えるのは、ヴィアイン秋葉原の玄関

     

    「あさがお」と言っても沢山の種類がありまして、ヴィアイン秋葉原に咲いているのは日本古来からのあさがおです。奈良時代に到来し江戸時代のあさがおブームで多くの種類が生まれました。

     

    比較的水を多く必要とするとの事で、朝晩二回の水やりが必要です。そういえば、いちねんせいの時にクラスメートのカ〇ウ君の朝顔に、水を多くあげて根腐れを起こさせるという意地悪をみんなでしたら、根腐れどころか一番成長してしまったという思い出が。ごめんよカ〇ウ君。根が腐っていたのは、ボクらの方でした。

     

    花よりでかい葉っぱ、マジ、でかい

    花よりでかい葉っぱ、マジ、でかい

     

    それにしても〇十年ぶりのあさがおの成長を見て、なんつーか、もう、とっても、とっても、心が綺麗になった気がしたオヤジでした。

    2016年08月12日

    オヤジの花紹介シリーズ 第二弾 「ペンタス」

    皆様お久しぶりで御座います。

     

    ヴィアイン秋葉原のオヤジが、当ホテルに咲く花を紹介するこのシリーズ。

    第二弾は、「ペンタス」っす。

     

    この「ドラクエの呪文」みたいな名の花の原産地はやはりアフリカだそうで、当然容姿もスーパーワイルド・アニマル王国のザ・アフリカンな方面に行ってると思いきや、

    DSC_0048

    なんだ、なんだ!?、この「お星さま」のような容姿は、スーパーキュート・ハーレクイン方面に行っとる。思わずこのオヤジも乙女チックになっちまったぜ。

     

    花屋さんに3色選んでもらったけど、植える時に違う種類の花だと思って別々に植えてしまった。もう一回植え直し、いやダメっしょ、止めました。

    DSC_0043

    こちらは紫のペンタス。後ろに見えるのが、マリーゴールド。

     

     

    DSC_0046

    白だけど、今日は花はお休み

     

     

    ちなみにこのペンタス、「挿し木」で増やせるとの事で、早速やってみました。「挿し木」とは、枝を切ってそれを土に差して置くと、そこから根が生えてやがて立派な花になるという、分身の術。植物ってスゲーぜ。

    ってな訳で、3日ほど前に枝をスパッと切って水をたっぷり浸した培養土に差してみました。で、今朝みたら何かもう、しおれている様な、これは分身失敗かも。1ヶ月位かかるとの事なのでもうちょっと様子を見るとします。

     

    あと5度以上を保つと冬も枯れないそうです。5度か、、雪が降ったらアウトだな、、いやオヤジの情熱で、、いや無理だ、、いや、、、やっぱ無理だ。

     

    という訳で最後に、お星さまの様な花びらに、ちょっと願い事をしてみました。オヤジの願い、それは秘密。

    2016年06月19日

    オヤジの花紹介シリーズ 第一弾 「マリーゴールド」

    皆様、こんちには。

    今回から始まりました、ここ「ヴィアイン秋葉原」に咲く花を「ヴィアインのオヤジ」が紹介するコーナー。
    第一弾は、「マリーゴールド」だー。
    名前がなんかちょっと、「お店の名前」っぽい感じですが、、、。

    DSC_0021

     

    マリーゴールドは大きく分けて、フレンチ、メキシカン、アフリカンという種類がありまして、ヴィアイン秋葉原のは一番大きな花を咲かすアフリカンです。

    独特の匂いがあるって事で、アフリカンなだけにコッテリ苦い匂いを予感。さっそく鼻を近づけて嗅いでみましたが、、、、、
    そんなでもない感じ。「うーん、におわなーい」と伊藤英明みたいに言ってみました。

    この花を長期で楽しみたい場合は、「切り戻し」ってのが良いらしいです。花が咲き終わったら、花柄から下を切っちゃうそうです。そしたらまた咲くそうです。
    そういえば子どもの頃に親父(=ヴィアインのオヤジの親父)が植木バサミを片手に庭でやっていた様な。あれはこういう趣向だったのかー。今になって分ったぜ、オヤジの親父!!

    アフリカン・マリーゴールドは暑さにはもちろん強く、大事に手入れすれば秋まで花を咲かせてくれるとの事。
    但しハダニっていう悪い虫がよって来るそうな。

    「そんな悪い虫からはこのオヤジが守ってみせる、マリー!」

    と、キメたところで、今日はおしまい。

     

    2016年05月25日

    花のホテル ヴィアイン秋葉原

    皆様、ご無沙汰しておりました。ヴィアイン秋葉原で御座います。

    ヴィアイン秋葉原は最近小さな楽しみが1つ増えまして、それは何かと言いますと、

     

    これです、、、、

    image1 (005)

    咲いちゃったんです。

     

    と言うことで皆様、せっかく咲いたヴィアイン秋葉原の花達を、どうか可愛がって下さいませ。

     

    可愛がってくれたら調子に乗ってもっと咲いちゃうかも、、、咲き乱れちゃうかも、、、。

     

     

     

     

    2016年05月19日

    ホテル前の「植え込み」

    いつもヴィアイン秋葉原をご利用頂きまして、誠に有難う御座います。

    日に日に暖かさが増す3月中旬の東京千代田区、ここヴィアイン秋葉原でも何か春を感じさせるものはないかと辺りを見渡したところ、ホテル前の「植え込み」が荒れ放題になってる事に気付きました。

    植え込みの中にあった物はと言うと、枯れ木、ゴミ、半分腐ったアロエ、それに多量の雑草と、それ以上に見苦しいタバコの吸殻。これらを見ながらホテルを出入りしていたお客様、大変申し訳御座いませんでした。

    ということで、昨日はホテル前で庭仕事をしてみました。先ずゴミと雑草を取り除き、その後100円ショップで買った小さい鍬をフル活用して、荒れた植え込みを整えてみました。

    ちょっと掘っただけで、石ころがゴロゴロ、あとコガネムシの幼虫も。何か、あまり良い植え込みではないかも。

    でも雑草とゴミが無くなっただけで、大分見苦しさは感じられなくなりました。CIMG4245

    これからも定期的に手入れをしていきます。

     

    2016年03月13日